#S037 基礎を学んで、2024年はもっとおしゃれを楽しむ!


 こんにちは、西ゆり子です。今年も残すところ、あと1ヶ月になりました。おかげさまで、昨年6月にスタートした『着る学校』も、この1年半の間に5,700人以上の方々に入学いただき、自分らしいおしゃれを表現するための勉強を楽しく続けてくださっています。校長として、こんなに嬉しいことはありません。ちょっぴり早いかもしれませんが、私にとって最高のクリスマスプレゼント! このコラムを読んでいただいているみなさんにも、心からの感謝をお伝えしたいと思います。

 ちょうど、この年末に「着るレッスン・基礎コース」の第3期が終了し、年明けからは第4期がスタートする予定です。節目の時期に、この1年を振り返ってあらためて感じているのは、基礎をきちんと学んだ方たちは、ファッションに対して心がどんどん自由になってきているということ。基礎コースの教科書の冒頭に、「楽しくなければおしゃれじゃない!」というメッセージを載せましたが、おしゃれを楽しむためにもっとも大切なことは、「~でなければいけない」という呪縛や「ヘンじゃないかしら…」という不安から解き放たれることなのです。そのために基礎や心構えを知ることが必要で、基礎コースを学んだみなさんは、レッスンを終える頃には、成長途中ではありながらも、自分のおしゃれに多少なりとも自信を持てるようになっていきます。そして、少しでも自信がつけばしめたもの。そこをスタート地点に無限に広がるおしゃれ探求に、一人でも旅立てるようになるのです。

 自由な発想で自信を持って服を着られるようになること――これこそがファッションの最大の醍醐味ですし、そんな人生は本当に楽しいですよ。

 一般に「センスの良し悪しは生まれつき」「おしゃれは感覚的なものだから、言葉にできない」と思われがちですが、私に言わせれば大間違い! 料理や楽器の演奏を習うのと一緒で、基本の学習が大切なのはファッションも同じです。同じ1本の大根を切る場合でも、千切りにするのか乱切りにするのかでは、料理をしたときの味や見栄えがまったく違います。だからこそ、きちんと基礎を学んでいれば、「この料理にはどの切り方が最適かしら」と選択肢が増えるというわけです。服を着る場合も同様で、基本がわかっていれば毎日の服選びや着こなしの可能性が広がり、「今日のコーディネートはなんだかおかしい」と感じたときも、「ああ、ここがヘンなんだ」と自分で解決できるようになる。言い換えれば、どんな人でも、基礎さえきちんと学べばおしゃれになれるのです

 これまでに何度もお伝えしていますが、着る学校の共通テーマは「好きな服を着る」ということです。ただし、いざ「好きな服を着てください」と言われると、意外にこれが難しい。「自分の好き」がわからなかったり、好きなんだけど似合わなかったり…。

 そこで、おしゃれの土台を作る「基礎コース」では、好きな服を着る際に最も大切な色、素材、バランスという3つの項目に関して基本のルールをまずは学びます。「ルールに縛られると、自由におしゃれが楽しめないのでは?」と思う方もいるかもしれません。でも、それもまた間違いです。歌舞伎の世界に「型無しと型破りは違う」という言葉がありますが、ファッションの世界では、基本をまったく知らずにめちゃくちゃな着こなしをしているのが「型無し」で、基本のルールを踏まえた上であえて自分の個性を発揮した着こなしを楽しんでいるのが「型破り」。どちらのほうがおしゃれかということは、誰の目にも明らかですよね。

 また、基本のルールを知っていれば、街中で「あの人の着こなし、素敵」と、漠然と目にとまった人のどこが素敵なのかが具体的にわかります。ショーウィンドウや雑誌の中の気になるコーディネートも、「なるほど、このバランスだからおしゃれに見えるのか」ということがよくわかり、「じゃあ、自分もやってみよう」と前向きに取り入れられる。すべてのシーンが学びのチャンスに変わるのです。

 もうひとつお伝えしたいのは、基本がわかっているからこそ、冒険や挑戦ができるということです。目下、「基礎コース」3期生の間では、カーディガンのボタンをあえて掛け違えて着るスタイルが流行っています。なぜかと言えば、今年の冬はトップスが短めで、ボトムスにボリューム感を出す着こなしがトレンド。その際に、手持ちの腰のあたりまであるカーディガンだと丈が長すぎるので、ボタンを掛け違えてクロプト丈にアレンジしてバランスを調整しているのです。つまり、基本のルールを知ることで、これまではうっかりミスとしか考えられなかった「ボタンの掛け違え」が、手持ちの服でも流行を取り入れる手段に変わり、より自分らしく服を着られるようになるというわけです。

 もちろん、いくら勉強しても、一足飛びにおしゃれ上手になることはできません。これまでに、私もたくさんの失敗をしてきましたし、若い頃の自分の写真を見ると「穴があったら入りたい」と恥ずかしくなってしまう着こなしも多々あります。ですが、まさに失敗は成功の元! 失敗をしたからこそ私のおしゃれは磨かれてきたと言えるでしょう。

 そして「基礎コース」は、よりおしゃれになるための失敗が許される場であり、決しておしゃれを競う場ではありません。お互いを励まし合い、たとえ失敗してもそのチャレンジ精神を褒め合う素敵な仲間もいます。2024年という新たな年に「もっとおしゃれを楽しみたい!」と思っている方は、ぜひ「基礎コース」に勇気をもって参加してみてください。3カ月間という限られた期間にも関わらず、「これからの人生ずっと、好きな服を自信持って着る」ためのスタートラインに立てることを、私が保証します。来年も、ぜひ私と一緒に「着る」ことを思い切り楽しんでいきましょう!


着るレッスン「基礎コース」受講生募集中!
➡︎ 【2024.4〜6月・木曜日夜開催】基礎コース 受講生募集中!
➡︎ 着るレッスン「基礎コース」とは?


オンライン説明会は、ご希望に応じて随時開催いたします。ご希望の方は、下記ページにお進みいただきお申込みください。

➡︎ 「基礎コース」オンライン説明会について

着る学校(校長・西ゆり子)

着る学校は、「スタイリング=着る力」を学ぶコミュニティ(登録無料)。『着るを楽しむ!着る力が身につく!』をコンセプトに、様々なレッスンを通じて、おしゃれの知識や情報を知ることができます。現在、5,600人以上の女性が登録。洋服を楽しむのに年齢は関係ありません。人生100年時代、私たちと一緒におしゃれをもっと!もっと!!楽しみましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000