#S041 シャツは万能!


 こんにちは、西ゆり子です。春の訪れとともに一気に気温が上がり、日中はスプリングコートやブルゾンなどを羽織らなくても快適に外を歩ける日が増えました。こんな季節に活躍してくれるのがシャツです。シャツというと、オフィスで仕事着として着るもの、きちんとしたセレモニーの際に着るものというイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、実はオン&オフどちらのシーンでもおしゃれに着こなせる万能なアイテムです。

 なぜならば、シャツはアレンジの仕方によって様々な着方ができるから。前ボタンを襟元まできちんと留めて着る以外にも、インナーにタンクトップやTシャツを着て、前ボタンを多めに開けて胸元をのぞかせたり、「襟を抜く」「袖をまくる」などすれば、「抜け感」のある着こなしが楽しめます。ボトムスとの相性で、シャツの裾はウエストインしてもアウトしてもOKですし、ウエストの位置で裾を結ぶのもアリ。ニットやセーターの下に白いシャツを着て、襟や裾をのぞかせるラフな着かたもいまどきです。

 こんなにバラエティに富んだ着方ができるアイテムはシャツの他にないと言っても過言ではありません。「私、シャツが似合わないんです」という声も聞きますが、私に言わせれば、それは、シャツの着方が自分に合っていないから。しっかりと着こなすことを学べば、シャツが似合わない人は1人もいません。

 また、シャツの選び方もまた大切です。苦手とおっしゃる方は、首が短かったり太い場合が目立ちます。こうした体型の方は襟が大きいシャツを選んでください。そして、胸元を大きく開けて着れば、首回りがスッキリ見えて違和感がありません。反対に、首が長い人、小顔な人は襟が小さめのシャツを選ぶとバランスが取れます。襟の大きさはまちまちですから、まずは自分に合ったサイズの襟を選び、着方も工夫してみましょう。

 オーソドックスな1枚を買うなら、素材は綿、色は白がおすすめです。慣れてきたら、薄いピンク、イエロー、ブルーなどのカラーシャツやブルーと白のストライプのシャツなどもいいでしょう。ちょっとしたパーティやきちんとしたレストランに出かけるときはシルクのシャツも重宝します。綿のシャツよりきちんと見えて、なおかつフェミニンな柔らかさがあるので、シルクサテンの白いシャツを1枚持っていると、ここぞ!というシーンで活躍してくれますよ。

 ボトムスとのコーディネートに関しては、パンツではなくスカートがおすすめです。そもそも、シャツはメンズのアイテムですから、パンツを合わせてしまうとどうしてもメンズライクな印象が強くなってしまいます。仕事のときや、パンツがとっても好きな方ならいいのですが、おしゃれ着としてシャツを着る場合にはスカートと合わせたほうがベターです。タイトスカートに限らず、Aラインのスカートやギャザースカートでも大丈夫。抵抗感のある方は、シャツの裾をウエストインして、その上にスカートと同じ色のベルトをすると上下のアイテムがすんなりつながります。近頃、流行りのクロプト丈のシャツなら、ワイドパンツに合わせても「仕事着」に見えずにキュートです。

 これほど万能なシャツを敬遠するのはもったいない。この春は、お気に入りのシャツ1枚をゲットして、たくさんの着方、様々なアレンジにぜひトライしてみましょう。自分がワクワク、ドキドキすることを忘れずに!

着る学校(校長・西ゆり子)

着る学校は、「スタイリング=着る力」を学ぶコミュニティ(登録無料)。『着るを楽しむ!着る力が身につく!』をコンセプトに、様々なレッスンを通じて、おしゃれの知識や情報を知ることができます。現在、5,600人以上の女性が登録。洋服を楽しむのに年齢は関係ありません。人生100年時代、私たちと一緒におしゃれをもっと!もっと!!楽しみましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000