#S032 夏のおしゃれは、小物で勝負!


 こんにちは、西ゆり子です。今年は早めに梅雨入りしましたね。雨やジメジメした天気が続くこの時期は、出かけるのも億劫になりがちで、おしゃれをするにもいまひとつテンションが上がらない方が多いのではないでしょうか。でも、梅雨が明ければ、一気に夏がやってきます。今のうちに、真夏の日差しに映えるウェアやグッズを揃えておけば、いちはやく夏のおしゃれが楽しめるというものです。

 夏のおしゃれと言えば、最も重要なのが小物です。というのも、ワンピースを1枚ストンと着るだけ、Tシャツにワイドパンツだけなど、夏は自ずとウェアがシンプルになってしまうので、自分らしいおしゃれを表現するには小物で勝負するしかないからです。つまり、夏の着こなしがおしゃれに見えるかどうかは、ひとえに小物使いにかかっていると言ってもいいでしょう。

 私の場合、夏の小物と言えば、サングラス、帽子、スカーフ代わりに使うハンカチの3点セットが欠かせません。まず、サングラス。紫外線から目を守るという実用的な点から考えても、真夏にサングラスなしのおしゃれは考えられません。ところが、自分に似合うサングラスを探すのは意外に難しい。これまで『着る学校』に参加して下さった生徒さんたちからも、「どんなサングラスをかけたらいいのかわからない」という声をよく聞きます。

 基本のポイントは、フレームの横幅と自分の顔の幅が合っていることです。フレームの横幅が顔より大きすぎたり、小さすぎたりするとアンバランスに見えてしまいます。横幅さえ合っていれば、デザインは丸型でも角型でもお好きなものでOKです。もうひとつのポイントは、鼻あて(鼻パッド)の高さが自分に合っていること。この高さが合っていないと、かけているうちにサングラスが下がってきて不快な上に、見た目も美しくありません。私の場合、シャネルの鼻あては高さがピッタリ合いますが、ディオールだといまひとつ。鼻の形や高さは人それぞれですから、ご自分に合ったブランドやメーカーのものを見つけましょう。また、紫外線を遮る効果のない安価なレンズは目を痛めてしまうので、きちんとしたブランドかメガネの専門店で選ぶようにしてください。

 いろいろなデザインがあって迷ってしまうという方は、まずは定番のデザインを選びましょう。サングラスの形にはそれほど流行がありませんから、ベーシックなデザインのものをひとつ持っていれば、様々なコーディネートで活躍します。ちなみに、私が愛用しているレイバンのサングラスも20年前に買ったものですが、いまどきのトレンドの服に合わせてもまったく違和感がありません。また、フレームの色が違うものを3つほど揃えておくと、おしゃれの幅が広がります。普段は茶色のフレームのサングラスがメインでも、「今日はマリンのイメージにしたい」というときに、ネイビーやホワイトのフレームのサングラスを持っていれば、一気にテンションが上がるというものです。

 そして、夏の小物と言えば帽子です。ラフになりがちなサマーウェアも、帽子をかぶればちょっとしたお出かけ着に変身するので、帽子を活用しない手はありません。サングラスに比べると帽子は意外に流行があり、今年のトレンドはツバがそれほど広くないタイプです。カンカン帽やバゲットハットと呼ばれるツバが小さめで下向きのデザインが主流ですから、ツバが大きい女優ハットをかぶっていると、やや流行遅れに見えてしまうかもしれません。色は麦わら帽子のようなナチュラルカラーや黒やベージュ、グレーなどのベーシックなものがおすすめ。服や靴とコーディネートをする際にも違和感がありません。真夏は気温もぐんぐん上がるので、麻、綿、パナマ、麦わら(ストロー)などの風通しのいい素材を選びましょう

 50㎝×50㎝大のハンカチも、私にとっては欠かせない夏のアイテムです。対角線上で斜めに折ってスカーフのように首に巻けば、着こなしのアクセントカラーになりますし、首回りの汗も吸い取ってくれて一石二鳥。夏は襟元が開いている服を着ることが多いので、冷房が効きすぎている室内で首筋が冷えるのを守ってくれる効果もあります。おすすめの素材は綿ローン。トップスやボトムスの色と同系色のハンカチを首に巻けば、シンプルな夏コーデが一段とおしゃれに見えることうけあいです。

 もうひとつ、夏こそ、アクセサリーで遊べる季節です。ウェアがシンプルな分、赤やオレンジなど、カラフルなアクセサリーで冒険できるいいチャンス!プラスチック製のポップなアクセサリーを身に着けて、思い切りはじけてみるのも楽しいですね。個性的なアクセサリーが主役になれるのも、夏ならではの醍醐味です。サングラス、帽子、ハンカチ、アクセサリーなど、今からひとつずつ準備して、今年の夏をとびきりおしゃれに過ごしましょう!

着る学校(校長・西ゆり子)

着る学校は、「スタイリング=着る力」を学ぶコミュニティ(登録無料)。『着るを楽しむ!着る力が身につく!』をコンセプトに、様々なレッスンを通じて、おしゃれの知識や情報を知ることができます。現在、5,600人以上の女性が登録。洋服を楽しむのに年齢は関係ありません。人生100年時代、私たちと一緒におしゃれをもっと!もっと!!楽しみましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000