#S007 2022年秋冬トレンド、注目すべき「丈」と「色」


 こんにちは、西ゆり子です。暑い、暑いと言っているうちに、暦の上ではもうすぐ9月。ショップの店頭には、すでに秋物がスタンバイしています。おしゃれに敏感な方は、「そろそろ秋の服をチェックしに行こう」と思う時期。そこで、今回は、「着る学校」の生徒のみなさんに、今年の秋冬のトレンドを、いち早く、お知らせしましょう。

 流行はとかく「色」や「アイテム」ばかりが語られがちですが、私たちスタイリストが特に注目するのは「スタイル」や「バランス」です。
デザイン的には、春夏から引き続き、クロップド丈のトップスが主流です。ニットやブラウス、セーターも、おヘソのあたりまでの短めの丈。このクロップド丈、意外に着こなすのが難しいかもしれません。着こなし方のコツは上下のバランス!ボトムスとの合わせ方についてなど、見るレッスンでご紹介していますのでご参考ください。さらに、テーマレッスンでは具体的なアドバイスをお伝えしますので、乞うご期待! ブーツやコートに関しても、今シーズン一押しのデザインを紹介します。

 カラーで言えば、今年の秋冬物の特徴はとにかく色がきれいなこと。バーガンディ、ピーコックグリーン、イエローなど、トップスもボトムスも例年の秋冬物よりカラフルなものが目立ちます。ダスティパステルという、少しグレーがかったパステルカラーの服も様々なブランドで見かけます。淡いピンク、水色、レモンイエローといったパステルカラーは、これまでは春の色とされていましたが、ちょっぴりスモーキーにくすませて、「秋冬もパステルOK!」というのが今年のトレンド。ビビッドカラーからダスティパステルまで、今シーズンは様々な色が楽しめるので、これまでの秋冬物の常識にとらわれず、ぜひ、新しい色に挑戦してみましょう。 

 そもそも、流行の賞味期限は、ざっくり言って3年です。ランウェイで世界のトップモデルたちが初めて身に着けたデザインが、一般の女性たちの間に浸透するまでの期間が約3年。つまり、早く着れば着るほど、新鮮なパワーが味わえて、あとになるほど、どんどん“普通”に近づいていく。それだけサイクルが早いものなので、せっかくならフレッシュなうちに着たほうが楽しいですよ。「流行」のパワーを味方につけて、自分のおしゃれをどんどんバージョンアップしていきましょう!

着る学校(校長・西ゆり子)

着る学校は、「スタイリング=着る力」を学ぶコミュニティ(登録無料)。『着るを楽しむ!着る力が身につく!』をコンセプトに、様々なレッスンを通じて、おしゃれの知識や情報を知ることができます。現在、5,600人以上の女性が登録。洋服を楽しむのに年齢は関係ありません。人生100年時代、私たちと一緒におしゃれをもっと!もっと!!楽しみましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000