#S033 真夏のおしゃれに、ワンピースは欠かせない


 こんにちは、西ゆり子です。今年の夏は本当に暑いですね。7月から猛暑日が続いているので、すでに夏バテ気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか。こんな時期に欠かせないのはやっぱりワンピース! ストンと1枚着るだけで様になり、何より涼しい。ワンピースは、夏のおしゃれのマストアイテムと言っても過言ではありません。だからこそ、どんなワンピースを選ぶのか、そして、そのワンピースをどう着こなすのかが、腕の見せどころです。今月は、そんな“真夏の定番”であるワンピースについて、あらためて考察していきましょう。

 ひとくちにワンピースと言っても、毎年、トレンドの色やデザインが変わります。おととしは黒のロング丈、去年はテントラインのワンピースが主流でした。「じゃあ、今年のトレンドは?」と言えば、襟付きでウエストに切り替えのあるオーソドックスなデザインが目立ちます。「ウエスト切り替えのデザインだと、太って見えそう」と不安に感じるかもしれませんが、ウエストから下のスカート部分がギャザーになっているので、下半身のラインは目立ちません。ウエストがすっきりマークされているおかげで、むしろ痩せて見えるので、大人世代にもおすすめです。綿100%のタイプよりも、落ち感のあるレーヨン素材の生地を選べば、さらに着痩せ効果がアップします。無地に限らず、大胆な花柄や鮮やかなボタニカル柄などがプリントされているタイプも豊富に揃っていますので、せっかく新しく買うのなら、夏ならではの冒険が楽しめる柄ものを選びましょう。エストネーション、ユナイテッドアローズといったセレクトショップや、ブルックスブラザース、ラルフローレンなどのトラッドなブランドなら、色も柄もよりどりみどり。デザインがオーソドックスな正統派ですから、カラフルな色や派手なプリント地のものを選んでも悪目立ちする心配はありません。

 また、去年から若い世代に人気のスリップドレス(キャミソールワンピース)もおすすめです。肩紐が細いスリップのようなデザインのワンピースの下にTシャツを着る。ボディをまったく締め付けない着こなしなので、風が抜けて快適です。ただ、ラフな着こなしだけに、スリップドレスの場合は柄物を避け、黒やグレーなどの無地を選んでシックに着こなしたほうが大人世代はきれいに見えます。さらに注意してほしいのは、素材がチープなものだと「娘の服を借りて着ている」ように見えてしまうので、大人世代にふさわしいグレードのものを選ぶようにしてください。

 もうひとつ、真夏のワンピースと言えば「ノースリーブ問題」がありますね。暑いので、本当はノースリーブのワンピースを着たいけど、二の腕のたるみが気になって着られない。そんな悩みを、大人世代の方からよく聞きます。私の個人的な意見としては、たとえ二の腕が太くてたるんでいても、ノースリーブはぜんぜんOK。ただ、着るときは姿勢に注意して。ノースリーブのワンピースを着たら、脇の下に生卵を1個入れているような緊張感を意識して、背筋をシャキッと伸ばしましょう。だらけて腕がボディにくっついてしまうと、腕が余計に太く見えてしまいます。

 また、ひとくちにノースリーブと言っても様々なタイプがあることを知っておきましょう。肩先から内側にえぐれているアメリカンスリーブは、肌の露出面積が広いので大人世代には難しいかもしれませんが、今年流行っている肩先からストンとたち落としたような“裃タイプ”のノースリーブなら、大人の腕もきれいに見えます。この“裃タイプ”はアームホールが大きく開いているので涼しさも抜群! また、ボディラインに沿ってストンと足元までストレートに落ちるデザインなので、体型がスッキリ見えるという嬉しい効果もあります。「ノースリーブよりフレンチスリーブのほうが、上腕がカバーできていいのでは?」と思っていらっしゃる方もいるようですが、これは大きな誤解です。そもそも、フレンチスリーブは華奢な腕の方に似合うデザインなので、ぽっちゃり体型の方が着ると、腕がより太く見えてしまいます。フレンチスリーブのワンピースを選ぶなら、今年流行りの“裃タイプ”のノースリーブのワンピースのほうが断然おすすめです。

 さあ、どんなワンピースを買うべきか、あなたなりのイメージが浮かんできたでしょうか。ただ、「これぞ!」というお気に入りの1着を見つけても、ワンピースの場合はどうしても着こなしがワンパターンになりがちです。マンネリな印象を払拭するには、足元を変えてみるのもひとつの手です。サンダル一辺倒ではなく、ワンピース+薄手のソックスにローファーやレースアップシューズ、もしくはスニーカーソックス+スニーカーというコーデも試してみましょう。また、ワンピースのボトムスにワイドパンツやスパッツなどをプラスするのも、“いまどき感”が演出できる着こなしです。同じ1着のワンピースでも、ヘアスタイルを変えたり、アクセサリーのつけかた次第でガラッと印象が変わります。それこそ、ひとりひとりの腕の見せどころ。猛暑に負けず、様々なワンピースの着こなしにトライして、真夏のおしゃれを思い切り楽しみましょう!

着る学校(校長・西ゆり子)

着る学校は、「スタイリング=着る力」を学ぶコミュニティ(登録無料)。『着るを楽しむ!着る力が身につく!』をコンセプトに、様々なレッスンを通じて、おしゃれの知識や情報を知ることができます。現在、5,600人以上の女性が登録。洋服を楽しむのに年齢は関係ありません。人生100年時代、私たちと一緒におしゃれをもっと!もっと!!楽しみましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000